さがみの業務報告書

2015年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山スカC1編成を撮りに行く…新立場川橋梁(その2)

10月28日の撮影からです。

151028-2011.jpg
8:49/430M
151028-2021.jpg
Nikon V3を手持ちで撮ってます。

429Mを日野春で追い越してきた[スーパーあずさ1号]です。
151028-2031.jpg
8:59/1M

接近無線が「下り接近」と入りました…

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山スカC1編成を撮りに行く…立場川橋梁旧線跡

10月28日の撮影です。

C1編成の返しは松本10:40発の436Mです。
富士見を11:57発ですから3時間近く開きます。
その間に旧立場川橋梁の廃線跡を歩いてみようかと…
いつも車窓から見てた、あの鉄橋です。
撮影地からぐるっと回って新立場川橋梁が見えるトコに来ました。
151028-3011.jpg
10:03

そして、1980年まで現役だった旧立場川橋梁が目の前に…
151028-3021.jpg
10:10
列車で通った事はもちろんありますが…ココを通る列車を撮ったことは無し。
その頃は板谷峠に夢中だったんですねぇ…(^_^;
築堤の下から緩やかな坂道が続いてます…登ってみると
151028-3031.jpg
いかにも廃線跡…(*´д`*) ハァハァ
151028-3041.jpg
成長した木が廃線の年月を物語ってます。
当然、鉄橋は渡れませんが近くまで寄れます。
151028-3051.jpg
10:15

151028-3061.jpg
通った事あるんですよねぇ…そんな事を考えてると時間が経つのを忘れてしまいます。

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山スカC1編成を撮りに行く…新立場川橋梁(その3)

10月28日の撮影です。

旧線跡に三脚セット…
151028-4011.jpg
10:37/62M
黄葉には早いけど、逆光でイイ感じです。
151028-4021.jpg
こちらは信濃境方…

151028-4031.jpg
10:49/57M

これはNikon V3で撮ってます。
151028-4041.jpg
10:52/434M

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山スカC1編成を撮りに行く…新立場川橋梁(その4)

10月28日の撮影です。

151028-4081.jpg
11:35/2083レ

151028-4091.jpg
11:44/14M

「下り接近・上り接近」と、無線が入りました。
151028-4101.jpg
11:56/11M

あ~雲がががが…なんてこったい
151028-4111.jpg
11:58/436M
151028-4121.jpg

 ヽ(`Д´)ノウワァァァン!

こっち側の一部だけ晴れてた _| ̄|0
151028-4131.jpg
(´。`)はぁ・・・。

|富士見駅| λ............トボトボ

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

かつキャベ元気そば…熊野育ちの新姫添え~

昨日(12日)…朝ご飯は新百合ヶ丘の“箱そば”でした。
151112-8011.jpg
10:13

何を食べようかなと…定番の「かき揚げそば」にしようかなぁ…と
ん!目に留まったのは…
151112-8021.jpg
相模女子大プレゼンツ!”かつキャベ元気そば” 
コンセプトは「お父さんに食べてもらいたい箱根そば!」だそうですよ。
151112-8031.jpg
キャベツの千切りの上に、カツが乗ってて野菜チップスが散りばめられてます。
「彩が、ええんちゃいますか」…土井先生かよ(笑)
んで、熊野育ちの新姫(にいひめ)添え~…これはスダチみたいな柑橘系のやつでした。
絞りますが、種多し(難)
このスダチみたいので、サッパリいけます。
野菜チップスは、最初は硬くて…ソバに合うんかい?
けど、ふやけてくると…イイかも。
カツでがっつり腹いっぱい…美味しく頂きましたよ。

| 箱根そば | 09:39 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

新立場川橋梁…再び

今日は富士見へ…

115系は走ってないけど、前回のリベンジです。
紅葉・黄葉の最盛期と思って晴れの日を望んでました。
落葉松はだいぶ葉が落ちて、撮影地では落葉松シャワーでしたよ。
151116-2031.jpg
9:59/5M

| 中央東線 | 14:21 | コメント:2 | TOP↑

≫ EDIT

新立場川橋梁…再び

11月16日の撮影です。

10月28日に115系長ナノC1編成を新立場川橋梁で撮りました。
落葉松の黄葉はイマイチでしたが、最後のスカ色を撮れて満足して帰宅しました。
(429Mの時は良かったけど、436Mは雲で陰っちゃったけど…)
[あずさ号]後継のE353系がデビュー間近なので、E351やE257系も撮ったけど…
来年の紅葉時期にはどうだろかと…
E351系も運用本数を減らしてるんじゃないかと…
撮れるときに撮っといた方が良いんじゃないかと…鉄ちゃんの悲しい性で(^^ゞ
天気予報とにらめっこで、晴れの日のチョイ撮り敢行!
151116-1011.jpg
6:29/八王子駅

八王子始発の松本行きに乗りました…が、ロングシート車でがっかり…。
寝るっきゃない…昨日はお友達と飲み会だった (^^ゞ
甲府を過ぎ、小淵沢まで来ると車内はガラガラに…
151116-1021.jpg
ようやっとキップの写真が撮れましたよ。
って、別に混んでても撮れるだろうけど…普通の人の装いで
恥ずかしがり屋なんです…本当は(笑)
日野春で[スーパーあずさ1号]に追い越されます。
この電車、八王子を7:29発です。
151116-1031.jpg
8:48/日野春駅
長坂のカーブで八ヶ岳…雲ひとつなくクリアです。
151116-1041.jpg
8:57
小淵沢を過ぎて八ヶ岳が右窓に(ってかロングシートなので真ん前)
151116-1051.jpg
9:05

んで、富士見着…
151116-1061.jpg
9:13

日野春で[スーパーあずさ1号]をホームで撮ってたお兄さんも降りましたよ。

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

新立場川橋梁…再び(その2)

11月16日の撮影からです。

立場川橋梁旧線跡から撮るため移動しました。

あ!なんてこったい…曇ったぁ―― orz
151116-2061.jpg
10:37/62M
151116-2051.jpg
こっちは手持ちのニコワン

上りが遅れてたもんで旧線跡まで行かれず…
151116-2071.jpg
10:49/57M

151116-2081.jpg
10:52/434M

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

新立場川橋梁…再び(その3)

11月16日の撮影からです。

151116-3031.jpg
11:10/2080レ
151116-3041.jpg
こっちはD810

151116-3051.jpg
手持ちのニコワン

レンズを単焦点の135mmに変えました。
下の紅葉が無いのでスカスカ _| ̄|0
151116-3061.jpg
11:13/59M

151116-3081.jpg
11:44/14M
151116-3091.jpg

下りのE351系を撮るので順光側へ…

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 06:00 | コメント:2 | TOP↑

≫ EDIT

梁川駅俯瞰

昨日(22日)は中央東線の撮影で梁川へ、富士急線撮影で大月に出掛けました。

151122-1011.jpg
5:46/町田駅
151122-1021.jpg

とあるブログで梁川駅を俯瞰撮影してる写真が目に留まりました。
駅近くの忠魂碑がある場所と書いてあります。
いろいろ検索してると…綱之上御前山への登山道から分岐するようです。
大体の場所は見当が付いてるのですが、その登山道への取り付きが分かりません。
地面に"私有地"と書かれた舗装路の先のような気がしますが…
一旦戻って、お墓の横からトラバースするように歩いて行くと…
151122-1041.jpg
これに間違いないようです。

体力が落ちたように思う…途中で休憩しましたよ(^^ゞ
それでも15~6分で登れました。
151122-1051.jpg
7:29/521M
151122-1061.jpg
コンクリート橋も見えます。

151122-1071.jpg
撮影場所の後ろには…忠魂碑があります。
151122-1081.jpg
梁川から出征し戦死された方々の慰霊碑です。

≫ 続きを読む

| 中央東線 | 13:13 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

菊花山中腹から富士急撮影…

22日の撮影です。

梁川から大月へ移動しました。
151122-2011.jpg
8:32/大月駅前

駅前のコンビニで朝ご飯とお茶を買って無辺寺と言うトコへ歩きます。
途中に"菊花山"への登山口と掛かれた案内板がありますが無視します。
この無辺寺ルートの方が富士山展望が良いと、検索したページに書いてありました。
ま、今日(22日)は曇ってて富士山は見えないけど…
151122-2021.jpg
8:42

さて、このお寺の裏側に登山ルートがあるのですが…
なんかね、石段を登ってったら道が途中で無くなっちゃった(汗)
もう、斜面を直登しましたよ…道を間違えた??
そんなこんなで登ってると、忠魂碑があるトコに出て菊花山への道しるべがありました。
と、今度は分岐するとこがあって、西の方向へ向かってる道へ…
富士急線…見えるかね?
と、高圧線鉄塔があって行き止まり…鉄塔を監視する道らしい。
また戻って、本道へ…
休憩しないと無理…みたいな感じ
やっと着きました。
151122-2031.jpg
9:12
151122-2041.jpg
天気が良ければ富士山が…

手持ちで、Nikon V3です。
151122-2051.jpg
9:29/フジサン特急2号
151122-2061.jpg

こっちはD810です。
151122-2071.jpg

≫ 続きを読む

| 富士急行線 | 07:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

菊花山中腹から富士急撮影(その2)

22日の撮影からです。

1編成だけとなった富士急1000系オリジナル塗装
151122-3011.jpg
10:01
151122-3021.jpg

151122-3031.jpg
10:12/9585M

今年度中に廃車となる(らしい)2000系です。
さっきは横位置だったんで、今度は縦位置に。
151122-3041.jpg
10:51

151122-3052.jpg
10:55/富士登山電車

さて、次は2000系をサイドから撮るため移動します。
いったん無辺寺まで降りて桂川を渡って"(お)むすび山"へ登ります。
帰り道はお堂の方に降りたらお墓の所にでて…
階段が有って楽だった(次回はそっから登るわ)

ココも、とあるブログで写真を見ました。
151122-3061.jpg
11:19

標高463mの(お)むすび山に登ります。

続く…

| 富士急行線 | 07:00 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

(お)むすび山から富士急線

22日の撮影からです。

登山口の入り口は民家の軒先のようなトコを歩いて…
頂上まで15分ほどと言う事ですが…
10分ちょっとで登ってきました。
「トーマス号」撮りたかったんです。
151122-4011.jpg
11:30

30分前まで左端の三角の山"菊花山"の中腹で撮ってました。
151122-4021.jpg
11:41

ココは大月防空監視哨跡があります。
151122-4031.jpg
ココで飛来する敵機の音を聞いてたんですね…
151122-4081.jpg
説明板があります。
151122-4091.jpg

「大月防空監視哨跡」(全文・数字は漢数字でしたが読みやすいように算用数字にしました)

日本は昭和16年(1941年)12月アメリカ・イギリス等に宣戦布告をし、第二次世界大戦に突入した。
緒戦こそ戦果が上がったが軍事も経済も豊かな連合軍にかなうはずもなく、昭和17年のミッドウェー海戦に敗れてからは不利を余儀なくされた。
昭和17年米爆撃機による本土初空襲があり、空の守りとして「民防空監視隊」が組織された。
その時山梨県には甲府・大月・南部に監視隊本部が設置され、その下にそれぞれ15・10・7の監視哨が置かれた。
大月監視隊本部は、昭和18年暮れに猿橋から大月へ警察署と共に移転し、傘下には、丹波・西原・上野原・七保・大月・笹子・谷村・吉田・精進・河口の各監視哨があった。
監視哨は、哨長1名監視隊員9名で編成され、三交代で昼夜を分かたず空の守りについていた。
その役割を、昼は2名で双眼鏡で空を監視し、夜は1名が監視、1名は聴音壕の中で飛行機の音を聴き飛んでいる方向や機種を探り、1名は電話番としてキャッチした情報を本部に伝えるという、分担制で果たしていた。
左にある縦穴は聴音壕の、右の平な部分は事務所のあった跡である。
監視隊本部では、各監視哨からの情報を、女子隊員が警察電話を使い、直通で東部軍管区へ通報した。
東部軍管区では、これらの情報を、警戒警報や空襲警報を発令したり、立川にある飛行集団本部に連絡し、迎撃の飛行機を発進させたりする判断の資料とした。
昭和19年サイパン島が占領され、そこから飛び立つアメリカ爆撃機B29は富士山を目標に北上し、東に折れて京浜方面へ、西に進んで中京方面へ向かうという進路を取るようになり、大月の監視哨の役割は重要性を増してきた。
昭和19年から20年にかけて、B29による本土爆撃は353回におよび、東京をはじめ200近くの都市が空襲され、8月には広島・長崎に原爆が投下された。
8月15日敗戦。
「国敗れて山河あり」、そして疲弊という無謀な戦争によるつけも残った。
戦後半世紀を経た今、この地から望める大月の町を眺めるにつけ、世界に平和が続くことを祈らずにはいられない。
50年前の苦しみを平和への一里塚ととらえ、この記念碑を建てた。
決して戦争賛美の為ではない。

(この文は、当時の大月監視隊本部隊長山口明男氏の貴重な体験談をもとに作りました。)
平成3年 大月公民館

≫ 続きを読む

| 富士急行線 | 07:00 | コメント:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |